とんちゃん の ぐだぐだえびでい

gudaguda な everyday を お届け。

Google Places APIで近場のカフェを取得してみた

近場のカフェ!!!

ねぇちょっと!今いる場所から一番近いカフェはどこなのよぉ!

ということで、Google Places API使って、
とある緯度経度から近いカフェを距離順でリストアップしてみました。

流れ

Google API Auth key発行

Google API console にて、プロジェクトを作成し、API Auth keyを発行します。

console.developers.google.com

!注意! 2016/06/22現在のUIです。
googleさんはちょいちょいUI変えてくるので、その時に応じた同ニュアンスのメニューから操作してください。

ちなみにgoogleユーザーでのログインが必要です。

プロジェクトを作成します。

f:id:tong_chang:20160622223915p:plain

プロジェクト名を入力します。

f:id:tong_chang:20160622223923p:plain

作成できたら、APIライブラリからGoogle Places API Web Serviceのリンクをクリックします。

f:id:tong_chang:20160622224133p:plain

Google Places API Web Serviceを有効にしちゃいます。

f:id:tong_chang:20160622224159p:plain

認証情報を設定しる!!と怒られるので、設定しに行きます(強く推奨)

f:id:tong_chang:20160622224211p:plain

呼び出す場所を適宜設定します。
今回はcuicURLなのでこちらにしてみました。

f:id:tong_chang:20160622224239p:plain

実行する環境に名前を決めます。
デフォルトにしちゃいました。

そして、APIキーを作成するをクリックすると・・・

f:id:tong_chang:20160622224253p:plain

ぺかーん!!!

めでたくAPI Authキーが発行されました。

こちら、実行に必要なので、控えておきます。

f:id:tong_chang:20160622224303p:plain

控え忘れた!!どうしよう!!

控え忘れてもあわてる必要はありません!!

確認も可能で余裕でございます。

f:id:tong_chang:20160622224310p:plain

REST APIcURLで叩く

APIのURL、パラメータの設定の仕方はこちらを参照してください!
公式ドキュメントで、めっちゃんこわかりやすく説明されております!

Place Search  |  Google Places API Web Service  |  Google Developers

ちなみに今回は、こんなURLで取得してみます!!

https://maps.googleapis.com/maps/api/place/nearbysearch/json?location={緯度},{経度}&language=ja&rankby=distance&types=cafe&key={Auth key}

パラメータは以下です

パラメータ名 設定値 設定値の意味 注意点
location {緯度},{経度} 位置情報
language ja 言語
rankby distance 並び順 これを設定すると、最大範囲が設定できなくなる。
types cafe タイプ
key {API Auth key} 認証キー

では実行してみましょう!

位置情報は、本郷三丁目駅です!

f:id:tong_chang:20160623004904p:plain

キターーーーーーー(((('ω')))))ーーーーーーーーー!!!!

名前だけ抜いてみると・・・

f:id:tong_chang:20160623005453p:plain

へぇ、アンモナイトより金魚坂の方が駅に近いんだー

注意事項

24時間に100,000回(呼び出しパラメータによってはもっと少ない回数らしいが)を超える呼び出しをする場合、
課金が必要になってくるらしいです!!

まとめ

地図の検索ってこんなに簡単にできるんですね!!

びっくりでした!!!

raspi ansibleの件

誰も気にしてないと思いますが。。。
頑張って作ってます!!

しばしお待ちを!!