とんちゃん の ぐだぐだえびでい

gudaguda な everyday を お届け。

IoTで親子の絆を深められるか・・・と思ったけど作るのがやっとだった話

この記事は、 IoTLT Advent Calendar 2017 - Qiita の5日目の記事です。


自己紹介

どうも、金髪豚野郎 a.k.a とんちゃん またの名を大道寺です。 あ、身バレした。

IoTLTでは、過去にこんなネタでLT登壇しておりました。

普段はとある事業会社でバックエンドエンジニアをやっております。

人生初アドベントカレンダーです。緊張します。

前の方々がとても有益な記事を投稿している中、超ゆるい内容の記事を投稿します。
ご了承ください。

クソ記事なのでQiitaに書きたくなくて自分のブログに書きました。


今回解決したい問題

今回解決したい問題は2つあります。

  • 問題1 お姉ちゃん氏、偉いのに褒めれてない問題
  • 問題2 お姉ちゃん氏、夜トイレ怖い問題

問題1 お姉ちゃん氏、偉いのに褒めれてない問題

5月に2人目の娘が生まれ、5歳の娘がお姉ちゃんになりました。
すごく色々手伝ってくれるのですが、気付くと両親は褒めることを忘れて日々の忙しさにかまけております。

そこで、IoTを駆使して褒めるポイントに気付くための監視をやってみよう、と思いました。

問題2 お姉ちゃん氏、夜トイレ怖い問題

5歳のお姉ちゃん、夜トイレに行きたくなるのですが・・・
父親は熟睡して起きませんし、母親は下の子で手一杯です。

なかなかトイレに行くことができず、朝まで我慢することもしばしば。

そこで、道しるべとなるイルミネーションを作って、楽しくしトイレに行けるようにしようと
且つ、これをお姉ちゃん氏を褒めるポイントにしよう、と思いました。


今回作るもの

f:id:tong_chang:20171205215316p:plain

  1. お姉ちゃん氏、夜トイレに一人で行こうとする
  2. ボタンを押す
  3. イルミネーションが点灯する
  4. 光についていくことでトイレに行ける
  5. ボタンが押されたことがIFTTT経由でLINEに通知される
  6. 翌朝一人でトイレ行ったことを褒める
  7. 親子の絆が深まる(プラスの監視)

できたもの

物理

材料はこちらです。

回路図はこちら。

f:id:tong_chang:20171205210447p:plain

ブレッドボードで繋げたら動いたので、はんだ付けしてプッシュライドに突っ込みました。

f:id:tong_chang:20171205220026j:plain

なんとか収まった感。。。

ソフトウェア

動作させてみると


road of lights movie

これが3回繰り返されます。 改めて見ると遅っ!!!!


作ってみての感想

  • 最初はLEDをキラキラさせてたのしー感じだった
  • 機能を増やしていくと大変でした
    • いつの間にか動かなくなった・・・どこから動かなくなったんだ・・・
    • ブレッドボードでは動いたのに、はんだ付けすると動かない・・・
    • グルーガンで固めた後に不具合発覚・・・
    • ああ!締め切りが!!窓に!窓に!

失敗したこと

  • ソースをちゃんとGitで管理していればよかった・・・
    • 機能追加をまとめてしてたら、動かなくなった・・・
      • ctrl-zで戻れない過去に戻りたかった
      • 作り直し(3回くらい)
  • Class化を意識して作ったら、NeoPixelのアニメーションがうまく動かなくて辛かった
    • Class化せずに書いたら動いた。。。なんで??
  • グルーガンで固めた後に全然動かなくて、手で引っぺがして1から作り直した・・・
    • 動確大事・・・(深夜作業は頭が回らない・・・)
  • 色々とうまくいかなすぎて、この記事は2017/12/05 21:00くらいまでごめんなさい記事でしたw
  • 実物際のLEDの光り方を娘氏に見せたら「え・・・」って言ってた
    • 今後、改良していこうと思った

楽しかったこと

  • LEDのパターンを作るのは楽しかった
  • 娘氏の喜ぶ顔が見れた
  • ダイソーのプッシュライトは、ESP-WROOM-02開発ボードがすっぽり入る
    • ポテンシャル高い
  • 何はともあれできてよかった

無益なクソ記事で大変失礼しました。。。

大道寺家の家庭ハック(およびスキルアップ)、いかがでしたでしょうか!! 今後もLEDの光り方を変えたり、通知の仕組みを増やしたり、テレビさんと連携させたりと、色々考えて発展させたいです!!

明日はポキオ先生です!